トロログ

トロニーのブログ、略してトロログ。

180625

 

 熱が出た。38.1℃。

 

バイト中、元気に体を動かして汗をかき、その後すぐに冷房の効いた部屋に閉じこもったのがいけなかった。思った以上に体は冷えていたらしい。現代日本じゃ、夏も冬も調節できる服を着ないといけないってわかってたはずなのに。何事も手遅れになってから気づく。

 

夏が始まったとみるとすぐにTシャツ1枚で外に飛び出したくなる。夏真っ盛りの8月なんかは、カーテンも閉めてずっと部屋の中で暮らしていたいけど、夏一歩手前の今日みたいな日はむしろ太陽を迎えに行く気持ちで外に出る。それでやっぱり「夏ってクソだな」ってなって汗にまみれて溶けそうになりながらアスファルトの上を歩く。風物詩。

 

たとえば映画館で見る予告編とか、新作ゲームの発売前とか、花火が上がる直前のひゅるひゅる言う音とか、雨が降る前の湿っぽい匂いとか、なんならカップ麺が出来上がるのを待つ三分間とか、買ったCDの包装を剥がす瞬間とか、そういう何かが始まる一歩手前の期待がふわっと漂う感じが好きだな〜と、ふと思った。

 

夏が始まった(と自分の中ではそうなっている)ので、昼はカレーを食べた。バイト終わりには近くのスーパーで桃を買って、行儀は悪いが駅に向かって歩きながらかじりつく。これ以外の食べ方を知らない。夏だからこれでいいと思う。前歯がつぷりと皮を裂いて、そのまま潤んだ甘みが身体中に染み渡っていくような気がする。浴びるほど食べたい。

 

夏の始まりに体はついて行かなかったようで、帰り道もぼーっとする。頭も痛い。音楽を聞いていたくない。スマホを見るのもいやだ。何も見たくないし聞きたくない。常に何かのディスプレイを見て、なんらかの音を聞いている。そろそろ疲れてきた。疲れてるのに、疲れてるからこそ何もしなくても時間が過ぎていくSNSを見たり適当に聞き流せる音楽を聞いたりする。矛盾を抱えてる。

 

そうめんを食べた。美味しいようなそうでもないような気がする。もっと肉を食べたい。

 

午後9時29分。寝るには早いけど、けっこうしんどいのでシャワーを浴びて布団に入る。明日 浅瀬川の弁当を食べれば元気になるだろう。こんなブログなんて書いてる場合ではないのに書いている。常に矛盾を抱えてる存在、それがおれ。