トロログ

トロニーのブログ、略してトロログ。

好きな音楽に出会う方法

あまり真剣に受けてなかった授業の期末レポートを書く時なんかに、うわっこの分野めちゃくちゃおもしろいやんけ…っていうことに提出期限ギリギリになってようやく気づきがちなんですけど、それを大学院入試のスケールでやっている今日このごろです。おれの三年半はなんだったんだ。

 

 

 

そんな感じで最近はずっと院試勉強をしていて、っていうのは嘘で、ずっとってほどではなく息抜きをはさみつつ院試勉強をしていて、っていうのも実はかなり見栄を張っていて、正解は院試勉強をはさみつつ息抜きをしているって感じです。えっ、なんすか。なんか文句あるんすか。ある?ないよね?おれはある。もっと勉強してくれ、おれ。他人事じゃないんだぞ。自分の人生に他人事になっちゃおしまいだって。

 

っていうのは置いといて、6月のまとめ(毎月その一ヶ月で見た映画とか聞いた音楽とかについてまとめてます 読んでみて)に「好きな音楽、どうやって探していますか?」ってコメントがついてたのでお答えします。なんせ暇なんで。なんせね。

 

toro-log.hateblo.jp

 

 

 

いや、せっかく質問してもらっといて特にひねりなくて申し訳ないんですけど、「好きな音楽を作ってる人が好きな音楽はおれも好き」っていうのが確率高いです。これだけはマジ。

 

たとえば、好きなバンドのメンバーTwitterで絶賛してた曲とか、好きなトラックメーカーがDJしてるときにかけてた曲とか、もっと直接的に、好きな歌手が音楽雑誌の取材でよく聞いてるって言ってた曲とか そういうのは好きになる確率はかなり高い。その新しい音楽と、自分の好きな音楽との共通点が少なからずあるはずだから。

パーソナリティが自分で選曲してるラジオとかもいいですね。星野源のラジオは幅広いジャンルからちゃんといい曲をかけるのでオススメです。数年前、星野源のラジオでFunky Methodistが流れたのキッカケにめちゃくちゃBUDDHA BRAND聴くようになったのとか思い出深い。こないだもANNで三浦大知の新曲紹介してて、それ以来めちゃくちゃ聞いてます。ライムスター宇多丸さんのやってるアフター6ジャンクションも、平日は毎日ライブのコーナーがあるので否が応でも好きなタイプの音楽と出会えます。こないだ出てた小林大吾は、アフター6ジャンクションの前身番組のウィークエンドシャッフルで初めて聞いて、そこでめちゃくちゃ衝撃受けてアルバム全部買った。ラジオはボーッと聞いてるなかですごい出会いがあったりするので好きです。

 

別に音楽作ってる人じゃなくても、趣味の似てる人が好きな音楽も気に入る確率高いですよね。友達にオススメしてもらった音楽、そこそこ高い確率で好きになる。なかなかみんな自発的にはオススメしてくれないので、普段から自分の好きなジャンルの話をするとか、こっちからオススメしてると自然に教えてくれがち。

 

あとApple Musicでフレンドに登録してると、その人の聞いてる音楽が見れるんですけど、そこで見かけたアルバムとか聞いてみるのもいいです。いいですっていうか、これは単純におれが好きなだけ。もともとTwitterで人のお気に入りとか見るの好きだったんで…。なんかキモくてすみません…。

 

なにも自分自身で無数にある音楽のなかから自分に合ったものを探し出す必要はなくて(もちろんそれは楽しいけど)、だれかが見つけてきたなかから自分の好みのものを見つければいいと思うんです。一昔前だったらそういうリコメンドとかキュレーションができる人ってそんなにいなくて、音楽ライターとかそのくらいだったと思うんだけど、今はTwitterとかブログとかで好きな音楽について気楽に発信できるようになってるのでいいですね。雑誌とかよりも個人的で尖った感想をたくさん読めるのがいいんだよな。

 

ていうか 単純にApple Music登録してからだいぶ新しい音楽に触れる機会増えたんだよな。上記の方法でいろいろ知っても、結局聞けなきゃ意味ないんで…。たいていApple Musicで聴ける。便利。でもApple Musicにない曲はApple Musicにないので聴けない。不便。気に入った曲あったらそこから似てる曲知れるのもいいですよね。いいんです。

 

はい。こんな感じです。もういいですか?あとなんかあったっけ。年末になるとそこかしこの音楽系のサイトでその年のベストアルバムとかミュージシャンに聞きがちなので、個人的にはテンション上がる時期です。やけに選曲のいいカフェとか飲み屋さんとかあるとずっと音聞いて曲名調べれるアプリ起動してます。ライブの客入り時間に流れてる音楽とかも。恥ずかしくないです。いい音楽を知りたいだけなのだから…。あと、ヒップホップのサンプリング元とか調べるとめっちゃいい音楽にたどり着きがち。そんな感じです。

 

以上です。がんばってください(「がんばってください」?)