トロログ

トロニーのブログ、略してトロログ。

研究室のバイト/人の人生に触れる

f:id:torot35:20180922083954j:image

 

内定先の研究室でバイト。模型を作る。10月中には完成させたいらしい。前日の夜、遅くまで高倉さん(仮名)とPUBGmobileで遊んでいたので寝不足。あくびが止まらなくて難儀した。PUBGは勝っても負けても「あと一回!」とやめ時を失ってしまう。つい長時間プレイするハメになって困る。それにプレイをやめてもすぐには寝付けない。シューティングゲーム特有の緊張感がなかなかほぐれないのだ。目が冴えてまったく寝付けない。ここ数ヶ月、PUBGのせいで生活リズムはズタボロである。悪いのは高倉さん(仮名)なんですけども。

 


研究室でのバイトというのは本当にバイトなので時給が出る。とてもありがたい。内定先なのでバイトに来ること自体に拒否権はなく、ほぼ強制労働ではあるのだけど、まさかちゃんと給料がもらえるとは。院試のため8月はほとんどバイトをしていなかったので正直助かる。これで来月は鶏胸肉以外の肉が食べれる。まだ全員とは話していないが、院生など研究室の人たちとも馴染めそうでホッとした。一緒に昼ごはんを食べた博士過程の人に「きみは頑張るタイプ?エネルギーの消費抑えるタイプ?」みたいな質問をされた時は「えっ 試されてる?」と冷や汗をかいたが…。そんな本質を抉り出すような質問を初対面でしないでほしい。普段はエネルギーの消費を抑えて、要所要所で頑張りたいと思ってます…(←こういう人は普段頑張らなさすぎて往々にして要所要所で頑張る方法を忘れてしまうのであった)。

 

昼過ぎ、模型製作に必要な塗料を買いに渋谷まで行く。お使いである。バイト中でも一人になって気兼ねせずラジオとか音楽とか聞けるのでお使いは好きだ。協調性のない人物みたいで恥ずかしい。ツイッターでフォローしている人が話題にしていた、問わず語りの松之丞を聞く。講談師の神田松之丞が30分一人で話し続ける番組なのだけど、飽きずに聞けるのでぜひ一度試してみてほしい。今回のは特にすごい話だった。人間としての一人の男と講談師としての芸に生きる男の心情の揺れとか、それでも芸を貫くカッコよさとか、あとそんなプロ意識の中に垣間見える人間臭さとか、かなり聞き入ってしまう。神田松之丞、露悪的な笑いが多いからあんまり好きじゃなかったんだけど、これを聞くとさすがに応援しよ…ってななる。本当にみなさんもぜひ。

GSIクレオス Mr.ベースホワイト 1000 スプレー 180ml ホビー用仕上材 B518

GSIクレオス Mr.ベースホワイト 1000 スプレー 180ml ホビー用仕上材 B518

 

ハンズでこれ買いました。

 

 

話は変わる。先日、少しショックな出来事があった。高校の後輩でなぜか今はもう大学の先輩になってしまった人がいる。高校時代から俳句や短歌、詩が好きな人だった。二年ほど前、ポエトリーリーディングに興味があるとツイッターで言っていたので、小林大吾を薦めてみた。小林大吾はグラフィックもトラック作りもポエトリーリーディングもできる詩人で、めちゃくちゃカッコいい。何の気なしに薦めたのだが、先日ひさしぶりに会ったら「トロニーさんのおかげで人生が変わったんです!」と言う。なんでもその一件以来ポエトリーリーディングに夢中になり、今ではライブでステージに立ったりもしているらしいのだ。まさかそっち側に行くとは。

 

別にぼくは何もしていない。単に小林大吾がすごいだけなのだけど、それでも間接的に人の人生に大きな影響(なのかもわからない。冗談でそう言った可能性も高い)を及ぼしたと思うと感慨深い。というより、正直ショックを受けた。適当に言っただけなのに「人生が変わった」と言うほどの影響を与えていたとは。ぼくが教えなくともいずれ小林大吾に、ポエトリーリーディングに出会っていたのかもしれないが、それでもあの一言で人の人生に触れてしまっていた手触りを感じて、なんだかおっかなかった。しかし、まぁそんなふうに人の人生と関われるのは豊かなことだな〜と思うし、そもそもそれが人間と人間の営みなのかなとも思う。だれかの人生に触れたということは怖いけどおもしろい、うれしい、と思った出来事だったとさ。

 


小林大吾 - 真珠貝亭の潜水夫たち/pearl divers

これ 絵も音も詩もぜんぶ一人でやってるのすごくないですか?

 

 

オーディオビジュアル

オーディオビジュアル

 
小数点花手鑑

小数点花手鑑

 

 アルバム貸すので気に入った人いたら声かけてください。