トロログ

トロニーのブログ、略してトロログ。

190214 酔いたくない / コントロール欲

日記。なに書こ。なに書くか考えながら書きます。

 

食べたもの

朝→ごはん、作りおき

昼→ごはん、作りおき

夜→ミラノ風ドリア、サラダ

おやつ→オレンジとチョコみたいなやつ

 

作り置きのおかず、茄子の揚げ浸しが完全に美味しくて最高。煮玉子もいい具合に味が滲みてました。皆さんのおかげです。感謝です。

 

いま読んでる本 

職業としての小説家 (新潮文庫)

職業としての小説家 (新潮文庫)

 

「どういう手順で実際に小説を書いているか」みたいな章を読んだところ。村上春樹森博嗣と一緒で、1日〇〇ページ書くって決めて、実際にそのとおりに実行するタイプの小説家らしい。えらい。体調が悪くても絶対に書くし、調子がよくてもその程度にとどめておく。自制心を持つというか、習慣を味方につけるというか、ペースを保つって大事。結局短距離走的なやり方は安定しないしむやみに消耗してしまう。なんでもないように少しずつ積み上げる。わたしもそうなりたいものです。

 

「小説家になりたいならたくさん本を読んで、些細なことも大事に観察して、それを一言で片付けずに思いを巡らし続けるのがよい。なんなら、意識せずともそうなるような人が向いている。」的な部分が心に残る。好きな姿勢。小説家になりたいとかじゃないけど、こういう風に余剰を楽しめる人間でありたい。割り切れないものを割り切らないままなんとか受容するような。

 

昨日は卒制の打ち上げでお酒を飲み、今日はなんとなく友だちとサイゼリアでワインを飲んだ。ほどよく酔って楽しい気持ちになる。普段お酒をあんまり飲まないからこうなるのは珍しい。ワインはサクッと飲んだだけだが、昨日の打ち上げでは人並みに飲んだような記憶がある。とても楽しかったです。ヘルパーの2人も楽しいって思ってくれてたら嬉しい。

 

お酒を飲むと自制心がなくなりそうで怖い。怖いから飲んだ酒の量の五倍くらい水を飲んで薄めようとする。とにかく酔いたくない。本当に酔ったときはみっともない行動を繰り返す自信がある。いきなり自分の秘密を全部ぶちまけたり、目の前の人に抱きついたりしてしまいそうだ。そうなる予感があるから絶対にそうならないようにがんばる。そのくらいの自制心ならある。多少酔ってても絶対に最後の一線があるというか、酔っている自分を見ている素面の自分がいる。だから変なこともあんまり口走らないし、突飛な行動もそんなにない。ないと思う。わかんない、自信無くなってきた。どうなんですか?

 

www.youtube.com

いい曲

 

でも本当はなにも気にせずめちゃくちゃになってもお酒を飲んでみたい。きみの鳥はうたえるみたいに愉快にお酒を飲む。心と体が離れ離れの感覚。知りたい。そしていつか保ってたはずの一線を超える日が来てしまうかもしれない。その時は酔いが覚める前に撃ち殺してほしい。おねがいします。

 

まえに人と話していて「トロニーは自分がコントロールされてしまうことが嫌で、自分自身と、自分自身を取り巻く環境をコントロールしたいって欲求が強いんだね」的なことを言われたことがあるのだけど、概ね納得する。自分の手の届く範囲は自分が支配したいんだと思う。だから、酒で自分自身の手綱から手を放してしまうのも怖い。

 

今日のブログ、なんだかすごく調子が悪くてやだ。体も脳も固まっているような、うまく動かないような感覚がある。ブログに書きたいことがたくさんあるような気がして書き始めたのだけど、だからこそなのかな。どれもうまく文章につながらない。昨日の打ち上げで話してたこととか、今日の卒制講評会のこととか、考えてることはあるのに、なんだかダメだ。たぶん今はブログじゃないのかもしれない。それよりも誰かに直接話したいような気分。もしくはただひたすら小説を読んでいたいような気分。ウウッ 酒飲んでブログ書くのダメ過ぎる。心情があまりにも無防備だ。

 

は〜 終わります この記事だれも読まないでください

 

pairs経過報告

・卒制期間中からずっと放置しているので、このまま放置し続けて何もなかったことにしたい。

・おれにマッチングアプリは向いてない。

・おれってなにが向いてるんですか?