トロログ

トロニーのブログ、略してトロログ。

今月よかったもの February_2019

もう2月終わっちゃうのかよ!!って毎年思っちゃうね。振り返りです。

 

映画

最近になって「人と映画見るのめちゃくちゃ楽しいな…」状態になってきました。基本1人で見るのが身軽で好きだったのだけど、見終わった後に感想言い合って人の意見聞くのもよい。世界が広がる感じ。今更かよ

セント・オブ・ウーマン

「タンゴのシーンだけでも見てほしい」と言われて見たのだけど、案の定タンゴのシーンが本当によかった。なんだか眩しくて満たされていて、でも見ていてすごく寂しくて泣きそうになる。もちろんそれ以外のシーンもことごとくよかったです。人生おもいきり楽しみたいな という気持ちに

 

ラ・ラ・ランド
ラ・ラ・ランド(字幕版)
 

最後のセブの店でオンオン泣いた。オンオン泣いてません。

 

AKIRA
AKIRA 〈Blu-ray〉

AKIRA 〈Blu-ray〉

 

大友克洋の大名作AKIRAの映画。異常なほどアニメーションが細かい…!動きの一つ一つ、表情の細かい変化に死ぬほどこだわってる感じ。なので流し見なんてできなくて、どうしても画面に集中してしまってとにかく疲れる…。冒頭の夜の暗がりと光の表現なんかはめちゃくちゃカッコいいのだけど、一方で丁寧に描きすぎてるからか「間」の表現はやけに重たくて、いちいち引っかかるのもしんどい。とはいえやはり金字塔的なアニメーションなんだなということが腑に落ちるすごい作品。ストーリー的にはミヤコがちゃんと活躍する原作版のほうが好きです。

 

 

アクアマン

スーパーマンバットマンなどと世界観を共有する、DCエクステンデッドユニバースの最新作。いや〜…我々は一体 なんの映画を見せられていたのだろう… という感想。始まった当初は一般的なアメコミヒーロー映画だったのが、徐々にインディ・ジョーンズスターウォーズ、バーフバリ、キングコングインデペンデンス・デイ…とにかくいろんな要素が全くお互いの折衝なしに押し寄せてきて大混乱に陥ってしまいました。な、なんだったんだ??なにもかもが無茶苦茶で、ひとつひとつヤバいところを指摘していくとキリがないのだけど(一個だけ言うとブラックマンタが急にDIY始めるところめちゃくちゃ笑った)、一方でアクションシーンは頭空っぽにすればかなりの迫力で、見ていて楽しかったような気もします。う〜ん…マーベルってすごいんだな…。

 

3月は劇場で見たい映画がたくさんあるので嬉しいです。あと講評室で映画見るのも久しぶりにやりたい気持ちでいっぱい。見終わった後お酒飲みながら感想言い合うやつやりて〜

 

音楽

毎月こうやってプレイリストを作るの功罪あるのだけど、でも何よりとても楽しいのでみなさんもぜひ。

Toroniの「2019 2」をApple Musicで

 

桜が咲く前に / きのこ帝国


きのこ帝国 - 桜が咲く前に

TBSラジオ「アフター6ジャンクション」において、火曜日パートナーの宇垣美里がTBS退社を発表した時の選曲。

「どうしても叶えたい夢があってさ ここじゃたぶん叶わない気がするんだ」

「いくつもの可能性は 輝いてるが この体はひとつだけ」

「桜が咲く前に ここを出てゆくことにしたよ どこにいても 君がくれた言葉を強く抱きしめて」

宇垣アナの決意の硬さと覚悟が伝わってきたし、そしてその心情を曲に重ねてさらけ出す強さと茶目っ気がすごく好き。そして単純にいい曲。きのこ帝国のデビュー曲なの知らなかったな。

 

Butterfly / LOOΠΔ


[MV] 이달의 소녀 (LOONA) "Butterfly"

韓国の12人組アイドルグループ、LOONAの新曲。このグループのことは知らなかったのだけど、曲を聞いた途端にドラムがカッコよくて一発で好きになる。抜けが気持ちいい。曲が進むにつれて音数も増えるけど、あくまでこのドラムを中心にボーカルとシンセなどを乗せていくから、ずっと軽さを失わないで終始爽やかなのがすごい。繊細なのに芯が通ってる感じ。PVもカッコいいな〜。韓国の音楽、総じて完成度が高くてもはや恐ろしい。

 

充電器(201902) / 入江陽


入江陽 - 充電器(201902) Yo Irie - Smartphone Charger

さとうもかのプロデュースとOMSBとの曲くらいでしか知らなかったけど、個人でやってる音楽もいいな〜 入江陽。ねちっこい声、縦横無尽に鳴るドラムとシンセ、唸るベースが奇妙に調和している。おもちゃを片付けようと適当に箱に放り込んでたら、ぐちゃぐちゃにならず偶然ピシッと整ってしまった、的な驚き。スリリングでおもしろい曲。ちなみになんですけど、入江陽に関してはさとうもかのプロデュースをしたときの「さとうもかの作った曲を編曲者に伝えるためにコードを書いてもらったら、実際の曲と合ってるコードが一つもなかった」というエピソードが好きです。

 

野行性 / 曽我部恵一
ヘブン [ROSE-235]

ヘブン [ROSE-235]

 

サニーデイ・サービス曽我部恵一。今までもたくさんソロで活動してきたけど、この野行性が収録されている「ヘブン」は全編がラップのアルバム。2018年の5月に「ラップやってみようかな〜」ってなってから半年ちょっとで出した作品らしい。長いこと音楽をやってきててもまだ好奇心旺盛で新しい領域に徒手空拳で挑戦できるかっこよさ。そしてそのラップが普通に上手くて笑う。ヒップホップというある意味閉鎖的な分野に、シンガーという立場から参加するのってプレッシャーやハードルがあると思うのだけど、それでも軽々と超えてきたな〜って感想。特にこの野行性はビートもリリックも気持ちよくてオススメです。

 

曲作るなり楽器やるなりしたいな〜みたいな気持ちによくなるけど、結局全く行動しない私。

 

あんなに「読むぞ!」って構えてたのに…私は…

職業としての小説家 / 村上春樹
職業としての小説家 (新潮文庫)

職業としての小説家 (新潮文庫)

 

村上春樹の小説家観、労働観。少し長めのエッセイという感じで、いつもの軽快な文体とウィットに富んだ表現が読んでいて楽しい。書かれている内容もとてもよい。毎日すこしずつ積み上げていく。その上で人間として・小説家として変化成長することを人生の目標にするカッコよさ。改めて村上春樹の作品を読み返したい気持ちに。

 

無駄なことを続けるために / 藤原麻里菜
無駄なことを続けるために - ほどほどに暮らせる稼ぎ方 - (ヨシモトブックス)

無駄なことを続けるために - ほどほどに暮らせる稼ぎ方 - (ヨシモトブックス)

 

無駄なものを作っては動画を配信したり記事を書いたりする人の本。自分にやりたいことをやるだけならだれにでもできるけど、それを続けていける人(続ける環境をビルドできる人)はなかなかいない。表現をしながらもきちんと生活をするために何をしたか、自分の体験から紹介している。夢物語を語ったり、こんな苦労があって…的なウェットな話は全然無くて、終始やや俯瞰的な文体で乾いたユーモアを添えて書いてあって飽きないし、なにより文章自体がめちゃくちゃ読みやすくて感動する。表現をして生きていきたいって人もそうでない人も、単におもしろいので読んでみるといいかも。


【2018年】無駄づくり総まとめだヨ! 全員集合

 

鷲は舞い降りた / ジャック・ヒギンズ
鷲は舞い降りた (ハヤカワ文庫NV)

鷲は舞い降りた (ハヤカワ文庫NV)

 

チャーチル誘拐の命を受けたドイツ兵たちの物語。まだ全然読んでる途中なのだけど、冒頭からめちゃくちゃカッコいい。というかタイトルからしてカッコよすぎる。勘弁してください。読んでる途中すぎてこのくらいしか書くことがないんやが? 

 

モジャ公 / 藤子・F・不二雄
藤子・F・不二雄大全集 モジャ公

藤子・F・不二雄大全集 モジャ公

 

家出少年、ポンコツロボット、なんか知らんけどめっちゃ丸い生命体の三人が宇宙を冒険する漫画。三人ともボンクラすぎて微笑ましいのだけど、行き着く星がどこも不穏なのがギャップあってよい。「長命すぎて死という概念を失った星では『自殺』がめちゃくちゃウケる」とか少年誌でやるにはあまりにブラックすぎる。この気が抜けた感じとブラックなSFのさじ加減が楽しい。何より三人がかわいいのが本当に好き。ぜひ。

 

図書館でめちゃくちゃ予約してめちゃくちゃ借りるんだけどめちゃくちゃ読みきれずにめちゃくちゃそのまま返却するっていうサイクルが出来上がりつつあるんですけど、そんなの嫌すぎる… 集中して読んでいきましょう

 

 

その他

テトリス99

www.nintendo.co.jp

オンラインで99人同時にテトリスをして潰し合う、Switchでできる無料のゲーム。延々とやり続けちゃうな…。列を消すごとにターゲットにブロックを送り込めるのだけど、裏を返せばどこかから自分に向かって送られるということでもある。だから必死になってそれに対処していかなきゃいけない。とにかく忙しくて、しかしその状況を乗りこなせるようになると楽しくて変な脳内物質が分泌されているような気になる。

ちなみに1プレイあたり長くても10分とかで終わるから手軽だし、プレイ人口が世界中に何百万人もいるから常時速攻でマッチングしてしまう。やめ時がない!!このまま永遠にやり続けて腕を上げ、最終的に宇多田ヒカルと対戦するのがぼくの夢です。

 

ジョギング 
RUN

RUN

 

 

Nに誘われて、最近はほぼ毎朝のように走っている。徐々に慣れてきて、そろそろ楽しくなるんじゃないか?という兆しすら見えてきた。やはり誰か一緒にやってくれる人がいるとなんとかやれる。一人だと絶対にサボるので…。今後も習慣にしていきたい(とか言ってる矢先にめちゃくちゃ足を痛めてしまった トホホ)。

 

おわり

卒業制作が終わって「自由だ〜!」って張り切ったり、その反動で「おれは…」って膝抱えてへたりこんだりしてたんですけど、でも結局総じて楽しかったです、2月。卒制の流れで金銭感覚が完全にバグったのだけが唯一の反省点。この調子で3月も頑張っていきましょう。

 

3月な〜…。やけに遠出が多くて(京都と台湾と内モンゴル行く)ちょっと緊張しちゃうんだよな。もっとゆっくりしたいです。半年くらい森のそばの小屋で本読んだり音楽聞いたりして過ごしたいよ〜。オンオン。これは本当にオンオン泣いてる。

 

とりあえずそんな感じです。やらなきゃいけないこと全部放置してこれ書いてたのでやばい。たすけて。