トロログ

トロニーのブログ、略してトロログ。

今月よかったもの November_2019

2019年11月のまとめです。なんとなく去年の11月のまとめ読んでみたら懐かしくて一人で微笑んでしまった。

 

toro-log.hateblo.jp

 

そんな風に将来の自分を微笑ませるためのまとめ、今月もやっていきましょう! 

 

 

 

映画

あんまり見てません!なんなら今月は映画館に一回も行ってない!とほほ。まぁそんなときもあるよね。見た本数のことを気にせず、それでも映画が好きと言うよ、ぼくは。

今月よかった映画

軽い男じゃないのよ

www.youtube.com

 

女性を軽んじるプレイボーイが、男女が逆転した世界に飛ばされる話。映画自体はコメディ寄りなんだけど、「男女逆転」っていう状況をうまく映像にしていて、笑うと同時に「これって本当に大げさなことなのか?」と気持ちが底冷えする。そうやって価値観が少しずつ覆される感じがうまい映画。印象的なシーンも多くてよかったです。ただ、結局主人公が根本的にはあまり変化しない印象を受けたのが残念。もう少し脚本的な工夫があったらもっといい映画になってたと思う。何様!!!?!??

 

クロース

www.youtube.com

スペインのスタジオが制作した手書きの長編アニメーション。 冬のモヤがかかった冷たい空気感を、やわらかく綺麗に表現している。わちゃわちゃ動くのにこれが手書き…。もしかして手書きじゃない…?キャラクターや舞台設定も魅力的でよい。ただ、脚本は細部が荒いような気もする。アニメーションに現実味を求めるのは野暮かもしれないが、登場人物が頭悪すぎでは…みたいな時がたまにある。あと、ディズニーピクサーとかイルミネーションが作ってるアニメーションとそんなに違いを出せてない気もするんだよな。シーン単位で見るとめちゃくちゃいいんだけどね。トランペットを磨いた後のシーンで少し泣きました。今の時期にぜひ家族と。

 

Invisible (from the Netflix Film Klaus)

Invisible (from the Netflix Film Klaus)

 

 

メッセージ
メッセージ (字幕版)

メッセージ (字幕版)

 

あなたの人生の物語の映画化。どう映像化すんの、あれを、と思っていた箇所が全部クリアされていて感動。原作を読んでいて全く想像つかなかったすべてが再現されている。冒頭から画面に引き込むテンポやカット割りがすごくて、静かなSF映画ではあるけど、やっぱりエンタメ映画として一級品やな〜って思った。でも軽くならないのは、そもそもの原作の完成度と俳優の演技、あとはリアリティのある演出のおかげなんだろうな〜。めちゃくちゃよかったです。

 

音楽 

今月よかった音楽

ラップ多いな〜。自分でもやってみたいね、ラップ。でも主張したいことが何一つないから困る。韻も思いつかないしな〜。「月曜は憂鬱  逆襲するミュウツー」。自分、ラップいけますかね!?

 

 

イカれてる イっちゃってる 異ノーマル / 韻踏合組合 · 漢 · NIPPS · MOMENT JOON

曲名はBUDDHA BRAND 人間発電所のリリックから。日本語ラップのイルな部分をギュッと濃縮したような曲。とにかくラップが上手く、それでいてヤバい男たちが揃っている。ビートもそれぞれのリリックも不敵でカッコいい。特に漢とMOMENT JOONのパートが好きです。よろしくおねがいします(?)。

 

人間発電所?プロローグ?

人間発電所?プロローグ?

 

 

 

あゝオオサカdreamin' night / どついたれ本舗


ヒプノシスマイク「あゝオオサカdreamin' night」どついたれ本舗

 

いや〜…声優すごすぎ。ラップが本当に上手い。ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-+っていう全員集合の曲(そういう曲がある)で、オオサカとナゴヤ・ディビジョン(そういうのがある)が初登場した時、白膠木(ぬるで)簓(ささら)さん(そういう人がいる)が頭ひとつ抜けてたけど、いや残りの2人もめちゃくちゃ上手いな。躑躅森(つつじもり)盧笙(ろしょう)さんと天谷奴(あまやど)零(れい)さん…。すごい名前…。ビートもリリックもCreepy Nutsらしさがプンプンしていて、それでいてどついたれ本舗(そういうチームがある)らしさがしっかりあって今までのヒプノシスマイク楽曲の中でも相当クオリティの高い一曲。白膠木さんと躑躅森さんのバディ感がよく出ていて本当にどついたれ本舗がんばってね…という気持ち。ヒプノシスマイク今後も楽しみ〜みんな名前なんなん!?

 

ヒプノシスマイク  オオサカ・ディビジョン 「あゝオオサカdreamin'night」

ヒプノシスマイク オオサカ・ディビジョン 「あゝオオサカdreamin'night」

 

 

www.youtube.com

かっこいいな〜。音色は少し古いんだけど、今もう一周してそれもかっこいいね。なによりカルロス・トシキの歌声がたまらない。若くて甘くて爽やかで、一方で憂いもある。この動画みてみたら、顔も動きもかっこよくて興奮しました。彼らは「君は1000%」って曲がいちばん有名だと思うし、もちろんそっちも好きなんだけど「Navigator」がやけに頭に残った。サビ、メロディと間のとり方とかがなんとなくSadeのsmooth operatorっぽい気がする。どっちも大好きです。

 

Navigator

Navigator

 

 

映画は全然見なかったけど、本はここ数年で一番読んだかもしれない。読みやすい本も多かったけど、小説もじっくり読めて満足。そもそも読書の習慣が戻ってきた感覚がある。幸せことやね、本を読むっていうのは。残りの人生、好きな本を好きなだけ読めたらそれだけでいいかもしれない。

 

めちゃくちゃ募集してるので気軽にリプライしてください。

 

今月よかった本

敦煌 / 井上靖
敦煌 (新潮文庫)

敦煌 (新潮文庫)

 

いや〜激アツやったね。わけも分からず、自分の中のエネルギーに突き動かされる男たちの物語。1000年前の中国が舞台。歴史に名を残したわけでもないけど、ただただ何かを追いかけていた人たちの、それでも確かに存在していた生々しさ。文章は硬くてそっけないような気もするんだけど、

「女は何を思ったか反射的に躰を起こすと、正面から行徳の顔を見た。(中略)女の体臭が冷たい夜気の中を自分の顔に吹き付けて来るのを感じた時、突然彼を襲ってきた世にも美しいものを自分のものにする欲望を抑えることはできなかった。」

情緒のこもった素晴らしい文も多い。ここいいんだよな〜。行徳という人物が、誰のためでもなく西夏文字を追い求め、それを後世に残そうとするのが物語の骨子。好奇心に導かれるまま、予想もしなかった場所まで連れて行かれる不思議さと、人の営みを未来に残そうとする姿勢の尊さがよかったです。もっとこのくらいの時期の名作読みたいね。

 

イワン・イリイチの死 / トルストイ
イワン・イリイチの死/クロイツェル・ソナタ (光文社古典新訳文庫)

イワン・イリイチの死/クロイツェル・ソナタ (光文社古典新訳文庫)

 

ある裁判官が、自分の人生の終わりに至って、それがいかに忌まわしく無意味だったことに気づく話。要領よく軽やかに人生をこなしていたはずなのに、結局何も残らなかった。ひどく苦しみながら人生を呪う姿が哀れで、しかし自分はそうならないと言い切れないのが恐ろしい。正解を抑えるだけの人生に何の意味があるのか…それ以前にどんな風に生きたって人生に意味なんて…みたいな気持ちにならざるを得ないね。この時期のトルストイの空虚な人生観(と結婚観)が浮き彫りになってしまってスリリング。自分はどのように死にたいのか、つまりどのように生きていたいのか考えてしまう。自分、素直なんす…。クロイツェル・ソナタも毒たっぷりでおもしろかったです。ぜひ。

 

ファンベース / 佐藤尚之グレイトフル・デッドマーケティングを学ぶ /  デイヴィッド・ミーアマン・スコット,ブライアン・ハリガン
ファンベース (ちくま新書)

ファンベース (ちくま新書)

 
グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ

グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ

 

自分たちや自分たちの商品を愛してくれるファンを最優先にすることが、結局は自分たちの幸せにもつながるよ、的な話。どちらもおもしろかったです!そのうち中トロラジオに役立てられたらいいな〜と思う。ご期待ください。

 

 

その他

その他ったらその他

今月よかったその他

ワールドフリッパー

worldflipper.jp

 Cygamesの新作ゲーム。タップだけで楽しめるピンボールアクション。ガムシャラにやっても楽しめるモチーフなんだけど、その上でゲームシステムを理解してパーティを組むともっと爽快感が味わえるゲームの幅の広さ。さすがやね。めちゃくちゃ丁寧に作られていてCygamesの気合を感じる。ドット絵のグラフィックは可愛くて綺麗だし、UIやゲームシステムもストレスがなくて仕上がっている。ストーリーを進めると誰でも手に入れることのできるキャラクターたちが普通に強いのも好印象。あと音楽もいいですね…DÉ DÉ MOUSEとかも参加してるのすごい。これから盛り上がってってくれ〜!かなり好きな感じなので遊び続けたい。

 

WANEELLA

 

twitter.com

ドット絵アーティスト。うらぶれた都会の風景を精緻なドット絵で再現する渋い人。構図も情緒もいいし、個人的には色の使い方が好き。光と影をドット絵でこんな情緒込めて再現できるのなんなの。500ピクセル四方くらいの細かいのも感動するけど、もっと解像度の粗い、浮世絵みたいになっちゃってる作品も好きです。

クィア・アイ in JAPAN!!

www.netflix.com

とにかく見て。 わたしは電車の中でこれを見たんですけど、満員のなか少し泣きました。

今月のまとめと来月の展望 

楽しかったね今月も。就活の間のちょうど暇な時期で、好き勝手過ごせてよかったです。本読んだり、ドット絵書いたり、DTMに挑戦しようと腕まくりしたり寒いから戻したり。会いたいな〜って思った何人かに自分から声かけられたのもよかった。 素直がいちばんやね。更に気軽に人を誘えるようになりたいね。

 

来月はもう12月か〜。そろそろ就活も後戻りできない時期に差し掛かってる気がするけどどうなんですか?ぼくって大丈夫なんですか?まぁ、楽しく、でも責任感もってしっかりと生きていきたいと思います。たぶん来月も充実してる。やることやろ〜っと。