トロログ

トロニーのブログ、略してトロログ。

200218 内省

なんかもう最近全然だめになっちゃって、頑張らなきゃいけないときでもヘラヘラしている。ど〜でもいいよ、と力が入らない。どうしちゃったのと電池ボックスの蓋を開けてバッテリーの残量を確認したいが、その前に呼んでもないのに次の日が来て困る。やらなきゃいけないことが83くらいあり、それが一向に減らない。

 

とはいえ実際に83あるわけではなく、本当に本当のやらなきゃいけないことは週に9とかなのだけど、心理的負担としては83〜1742くらいあるのです。のしかかってのしかかってしょうがない。朝起きて「今日はあれやるぞ〜」と布団の中で拳を握りしめて気合を入れるも、気合を入れなきゃいけない時点でもう駄目。穴でも空いてんのか?ビタイチ動けなくなる。せっかく7時に起きても11時まで虚空を見つめる。見かけ上1742の山を前に処理落ち。そして、再起動した途端に「やることリストの整理」という見かけ上1743番目のタスクが追加される。

 

毎度毎度同じようなことで困っており、我ながらなんて悩みの引き出しが少ないんだと呆れ果てる。院試も卒論も卒制も同じ感じで悩んでいたし、スタジオ課題も同様、そして今回は就職活動か。火の鳥か?未来永劫これで苦しむ羽目になるのだろうか。

 

いやしかし待て。実際のところ「これ」とはなんなのか?言語化してその姿かたちをハッキリさせなくては対峙もできない。考えながら文章を書き、少しずつ輪郭を浮かび上がらせよう。というのがいつもの内省日記であり、今回もまたそれをするつもりだったのだが、いや本当に何回する予定なわけ?飽きましたって。継ぎ足し継ぎ足し秘伝の憂鬱になっちゃってんのよ。何回繰り返せば気が済むのさ。

 

そうか、確かに院試…はまだマシだったが卒論はしんどかったな。なにもしたくなくてかなりの時間を無駄にした。そして卒論がしんどかったとなると、やはり今のこの憂鬱も季節性ってだけでなく、マジのガチの実体を持った一本筋の通った憂鬱となってしまう。そんなもん通底すなーっ!(ズコー)

 

ということで過去のブログを読んでみた。

 

toro-log.hateblo.jp

 

いやね。あーた。これがなかなかよく書けてるのよ…!

自分のダメな所がよくわかってる!さすがトロニー歴23年!

特にここ。

要は①やるべきことが具体的で、②わかりやすい単位に分かれていて、③それを可視化する、ということがぼくのモチベーションを刺激するのだろうか。

これねぇ…めっちゃわかる!!

 

最近就活でエントリーシートを書いていたのだけど、それの要求されるボリュームがすごかったんですね。で、案の定それを前に処理落ちしてしまって頭がフットーしちゃったんですけど、結果なんとか乗り越えたんです。その時にやったのがまさにこれ。名刺サイズの紙に設問を書き写し、全部シャッフルして上からめくっていく。で、その順番に無心で書いていき、一旦書き終わったらその紙を破る…っていう方法。

 

やることをパーツに分け、紙で可視化する。これだけでだいぶやりやすくなったんだよな。

 

ここ数ヶ月くらい自分なりにまともに成長したくて、GTDとか導入しようとしてたんだけど、もっと原始的で見てわかりやすい、手触りのあるやり方がまず必要だったっぽい。紙の一枚一枚を破り捨てないと頭の中が晴れないし、重なった紙の厚みでやっとタスクの数を実感できる。平面上でタスクを把握するのはもう少し先の話かも。

 

そもそも悩んでいるのはタスクの総量とそれぞれの優先度がわかっていないからなのか。書いてて気づいた。タスクを把握することについて考えてたのはそういうことなのね…。自分が何に困ってこんなに苦しんでいるのか分かってなかったのかよ。ぼくは赤ちゃんなのか?24歳児も楽じゃないな…。

 

1743のタスクの山を一度分解し、本当の姿を表すこと。それが今やるべきことっぽい。

その後に、実際26の山だったらそれを1つずつ具体的にクリアしていく。やるしかね〜。

 

それはそれとして第一志望の会社行けるかな〜とか、全部失敗したらもう退路ないんやがとか、おれって一緒に働きたいと思える人間なのかな…とか、就活の悩みもそこそこあってウッ何もしたくない。これに関してはどうなんですか?もうすぐこないだ出したエントリーシートが通過してるかどうかが分かるんだが怖すぎる。情報を集めるとか、できる行動をやる、だけじゃ解決できない気がしている。えっどうなんだろう。わかんない。そもそもやれること全部やったんか?というのは大いにあるな。がんばれてないな〜。一回踏ん切りついたと思ったら改めてうずくまってしまった。就活って大変なんスね。