トロログ

トロニーのブログ、略してトロログ。

200318 建もの探訪のよさ

やる気を出したくて甘いものを食べたら血糖値が急激に上がったらしく、完全にぐったりしてしまった。策に溺れた感がある。

 

食べたもの

朝→親子丼

昼→フライドチキン、チョコレートドーナツ

夜→親子丼

 

朝に作りすぎた親子丼を2回に分けて食べた。朝食と書いてはいるが、結構遅かったので昼も兼ねていて、なのでチョコレートドーナツだのは本当はおやつ。そしてこいつのせいで何もやる気が起こらなくなってしまったのである。完。

 

f:id:torot35:20200318194248j:image

 

イヤホンを失くした。どこに行ったんだろう。最後に使ったのがいつ、どこでなのかも定かではない。昨日の時点で「ないな〜」とは思っていたが、その時は家のどこかに落ちているだろう、程度の認識だった。枕元とか、玄関先とか、他のコートのポケットの中とか、とにかく家の中を探せば見つかるつもりだった。

 

のに、なかった。それが昨日の夜。っていうことは研究室にあるのか、と納得して今日の朝。ない。あまりにもない。こんなにないとなるともう完全に紛失したと言っていい。家と研究室を往復する日々において、そのどちらにもないとなると無理だ。行方不明、迷宮入り。困った。

 

音楽が聞けないというのはそこまで不便ではない。家にいる間はスピーカーで聞くことができるし、そもそも普段が聞きすぎている分、耳を休ませることができていい機会な気もする。問題は音声ファイルを確認する必要があるときとか、動画を見たいとき。家にインターネット環境がないので研究室からネットにアクセスしているのだが、真面目なラボでスピーカーを使うわけにもいかず、難儀する。

 

今日は中トロパーティの準備をする予定だった。中トロパーティっていうのは3/28に開催する予定の、中トロラジオのイベントであり、中トロラジオっていうのは…各自検索してください。この日に販売しようとジンを作っている。中西も私も忙しかったのと、忙しくなかった時間をダラダラ過ごすのに忙しかったのとで、ずいぶん後回しにしてしまい、直前期になってようやく作業を始めた。それがつい二日前。大急ぎで書き進めなくてはいけない。

 

前々から個人的にも、中トロラジオ的にもジンを作りたいと思っていた。ずいぶん長いこと思っていた気がする。大学の卒業制作をまとめた冊子をつくりたい、ということをこのブログにもよく書いていたな。結局あれはwebにまとめるので精一杯だったが、今回は形になるまでがんばらなくては。

 

こういうことをブログに書くのは、自分を追い込んで「言ったからにはやらなきゃ!」と奮起することを期待して、なのだが、一方で私は書いたらそこで満足してしまう傾向にある。今回はどう出るか。

 

 

渡辺篤史の建もの探訪の録画を見た。住宅建築のことを知るためのメディアは、他にも雑誌だとか書籍だとかがある。だけど、住民の要望や人柄をうかがい知ることができるのは建もの探訪くらいな気がして、未だに録画して見ている。自分の認識としては、住宅の設計はすごくピーキーで非効率的なものだ。どの住宅もかなりの特殊解だと言える。汎用性のある技術や知見はなかなか蓄積されない。だからこそ、その設計を知るには「クライアント側がどう考えたか」という視点が欠けてはいけないと思っている。一方で当然建築的な工夫や意匠面でのこだわりも重要だ。建もの探訪は意外とこのバランスがいいのである。ライフワークとしているだけあって、渡辺篤史の視点が鋭い。できれば建築家がもう少し前面に出てほしいが、あくまで住宅の主役は住む家庭ということなんだろうな。ポリシーが感じられるいい番組だ。(前までは、成功者しか出てこないから、という理由でムカムカしながら見ていた。人を羨んでばかりいた頃から比べるとずいぶん成長したな〜)みなさんもぜひ。

 

そんな感じです。もう少しジンの作業を進めたい。就職活動もだんだん本格的になってきていて、少しずつ呼吸が苦しくなっていくような、真綿で首を絞められているような、そんな日々。踏ん張り時ですね。

 

にしても、院試も卒論も卒制も、そんな「何かに迫られている」時期にブログが盛んになる癖があるみたいだな。1つの逃避先ということなんだろうな。ほどほどにやっていきましょう。