トロログ

トロニーのブログ、略してトロログ。

今月よかったもの November_2020

月末だ〜〜〜〜〜!(ドコドコドコドコ)

 

月末と言えば、その月のよかった映画、音楽、本、あとその他もろもろを3つずつ紹介するブログを書く、時期!!そんな時期じゃないか!!書くしかない。

 

書くしかないので、書きます。よろしくおねがいします。

 

 

  • 映画
  • 音楽 
    • Donuts Mind If I Do / CHAI
    • On avait dit  / 47ter
    • I'm Alive / Johnny Thunder
  • 読んだ本
    • PACHINKO / ミン・ジン・リー
    • 男子部屋の記録 / 小野啓
    • わたしの献立日記 / 沢村貞子 
  • その他
  • おしまい

 

続きを読む

こないだのこれ

 

toro-log.hateblo.jp

 

要約すると「ストレスが溜まると甘いものやスナック菓子を爆食いしてしまうんだけど、みんなこれどうしてるの?」という話なんですけども。

 

気づいたのだけど、酒ってそういうことなんすね。酒を飲むのってなんなのか全然分からなかったのだけど、あれはストレスを酒の酩酊でかき消したかったのか、と今合点が行った。

 

助教の女性建築家は当時自分の事務所+大学の指導+子育てと、信じられない激務を毎日こなしていたのだけど、夜に子どもが寝たあとに延々とZOZO TOWNで買い物をする時間が癒やしだと言っていた。これもぼくにとっての甘いものを食べる/誰かにとってのお酒を飲む行為と同じなのか。人には人の地獄と地獄の塗り込め方がある。

 

内定先のオンラインミーティングがあり、たかだか13:00〜18:30の半日足らずだったのに、終わった頃には眼精疲労の腰痛腰痛、首肩凝ってて耳にも違和感、なんなら頭痛にリーチかかって4月以降が心配でたまりません。やってけんのか!?

 

午前のうちに作り置きの料理を用意していたのを、美味しすぎて昼ごはんでめちゃくちゃ食べてしまい、もう夜は何も食べないでおこう…とか思っていたのに、疲れてるからって普通にお好み焼きを作ってしまった。そして今、甘いものが食べたくて仕方ない。これ書き終わったらコンビニ行くつもりです。ナッツが入ってるチョコを買うかもしれません。ナッツが入ってるチョコを買っても、好きでいてくれる…?

 

仕事が始まったら絶対に帰り道にコンビニに寄らないようにしたい。絶対に寄らないようにしないと絶対に寄ってしまうし、絶対に寄ったら絶対に甘いもの買ってしまうし、絶対に甘いものを買ったら絶対に食べるから。そしたら絶対に太るから。

 

ストレスが全部食欲に行くのはこんな風に肥満に直結するし、なんか早死しそうでこわい。運動!運動でストレスをさ!!頼むぜ!オイ!

 

 

関係ないんですけど、アマゾンのブラックフライデーセールで、PS4のゲーム2本(ラストオブアスとホライゾンゼロドーン)、プロテイン、フォームローラーを買いました。おわり。

人に読んでもらう前提の文章を書くことがめちゃくちゃ苦手だと最近気がついた。ブログは人に読んでもらう前提の文章ではないのか?という疑問はあるが、やはりホームなので、そもそもぼくのことを知っている人が読むのはほぼ間違いないわけで、そこに甘えというか、安心感がある。知らない人が読んだとしても、たまたまだろうと読みに来たのはそっちの方だからな、と言い訳ができる。これが例えばどこかのオウンドメディアの記事だったりすると、急に自分の味方がいなくなる。こわい。

 

たとえば一読で引き込まれるような書き出しとか、誰にでもわかりやすい論理的な展開とか、そういうものを書くことができない。ブログみたいな文章なら書けるけど、知らない人に読んでもらうにはあまりに散らかっていて申し訳がない。なんか汚部屋に住んでいるみたいな気持ちになってきた。片付ける方法を知らなくて、ゴミ山の上で途方に暮れてる。一般的に、途方にはなるべく暮れないほうがいいことが知られています。

 

f:id:torot35:20201124232459j:plain

ウメモドキと百合を買った。今住んでいる町の花屋さんは結構無骨で、店にいってもあんまりワクワクする感じではなくて、引っ越してから結構経つけどまだ2回くらいしか行ったことがない。最近玄関先をきれいに整えたので、花飾れるな〜と思って買いに行った。百合と菊が好きなので、どちらか淡い寒々とした色のものがあればほしいなと覗いてみたら、それに差したらよさそうな赤いウメモドキが先に見つかった。ある春にバイト先で、花見と称して応接室で木瓜の花の枝を眺めてビールを飲んだことを思い出した。あのときの木瓜の枝を1/5にスケールしたようなウメモドキだった。それと白い百合を買って、家に帰った。

 

家に帰っても普段花を飾ることがほとんどないので花瓶があるはずもなく、一瞬迷って少し前まで使っていた水筒に差すことにした。結構格好いい。百合の茎が長すぎたのだけど、持っていたはずの切れ味鋭いハサミをいつの間にか失くしていたので、仕方なくまな板と包丁を取り出して、エイヤと断ち切ることにした。水筒も包丁も洗ってまた使う。別にいいじゃんねって感じ。

 

ウメモドキは彫刻のように微動だにしない。それに対して、百合は見るたびに姿を変えている気がする。夜閉じていた蕾が次の朝には1つ開いている。開いた花弁は徐々に萎れて、それを隠すようにまた新しい蕾が開いていく。白い百合だとしても、やはり花、というか雄しべと雌しべが派手で、いっそのこと押し付けがましい生命力を感じる。葯の花粉の茂り具合とか、柱頭のてらてらした滑りとか、見るたびにちょっとウケてしまう。人の部屋でめちゃくちゃ生殖しようとしてんな。

 

猫や犬がそばにいてくれたら楽しいんだろうな、と思うことはかなりあるが、一方でペットショップで動物を買うことには強い抵抗を覚える。だから将来ペットを飼うことがあるとしても、それは保健所から引き取るなり、里親になるなり、自分のエゴと釣り合う程度の理由を見つけてからだなとよく思う。もしくは雨に降られている捨て犬に傘を差しつつ「お前も一人か…」って呟くとかして。「寂しいから」という理由でペットを買うには、その動物の命を救うくらいの大義がないと自分の中で折り合いがつけられないと思い込んでいる。

 

それはともかくとして、じゃあ花屋で花を買うのとペットショップで子犬を買うのってどう違うんだろう、という疑問が頭に過ぎった。こんな子孫残す気満々な姿(花って全部そうか)を見たら、生物〜〜〜って今更気がつく。気分が上がるからって花を飾るの、キショいなって一瞬思う。

 

(花とは一切関係ない話なのだけど、前に下北沢を歩いていたら、ペットショップの前に呼び込みの店員が立っていた。ペットショップのキャッチってなんだよ、って思ってウケていたのだけど、よくよく見たら手には子犬を抱えており、その雑さと生命を扱っている感覚の薄さに血の気が引いてウケが消えた。ペットショップは基本的に邪悪な存在だと思っている)

 

とはいえ、花を飾ると気分が上がるのは事実ではある。劇的に生活が素敵になるわけではなく、ただ作業中にふと顔を上げた時にきれいなものが目に入る程度なのだけど、それをするたびに「オー」と思うだけで十分意味がある。インテリアを揃えたり、アクセサリーを身に着けたりするのはこれと同じことなのだろうけど、花は枯れるから格段にいい。おわり。

201120

日記

 

食べたもの

朝→かぶらのソテー、雑穀米、ささみのスープ

昼→ホットサンド(チリコンカンサルサ)、マフィンケーキ

夜→手羽元とゴボウの煮物、雑穀米、冷奴

 

 

久しぶりに派手に二度寝した。朝食後、20分のタイマーをかけて寝る。これを3回繰り返し、それでも頭が重く、埒が明かね〜っすわ!!!!!!!と叫びながらタイマーなしの二度寝を敢行した。結果的に12時起きになり、すこぶる健康です。きちんと寝るとこんなに体に力がみなぎるのかと驚きすらある。8時間睡眠を心がけよう。毎日こうだと本当に日々楽しくて仕方ないだろうな。二度寝したおかげで時間がなくなり、今日一日でできることは減ったが、それでもいい、それでもいいと思えた二度寝だった(HY)。

 

のんびりと中トロラジオの編集をした。明日のお昼に更新です。ゲームマーケットで購入したボードゲームをプレイする 回だったのだけど、聞き直したらやっぱりよくわからないことになったので、本編からはカットした。一応なんとか聞けるように編集して、アンケートのおまけにはしたのだけど…。もっと二人プレイに最適化されたゲームで遊べば盛り上がりそうな気がする。ボードゲームは大好きなので今後また中トロラジオにからめていきたい。ぜひ聞いてみてください。

 

手羽元の煮込みを作った。こないだ失敗したのでリベンジ。美味しくできたが、美味しすぎて箸が止まらず、二食分をいっぺんに食べてしまった。バブ〜。ご飯もおかわりして二杯食べた。太りますね。太っていると河合塾に通っていたころを思い出しますね。太庸吉という英語教師がいたので…。

 

一人で部屋にいると寂しくて音楽やラジオ、動画配信などで気を紛らわせたくなるが、できれば無音でも耐えられる人になりたい。目も耳も忙しすぎる。おわり。