トロログ

トロニーのブログ、略してトロログ。

花を飾る

ここ最近、花を買って部屋に飾ることがなんとなく習慣になりつつある。

 

花といってもせいぜい500円から高くても800円のものを一輪だけ、2週間に一度買いに行く。それくらい経つと葉っぱは萎れてしまうが、花弁はまだまだ元気だったりする。なので実際はたぶん、3週間に一回くらいの頻度買いに行くのが丁度いいのだろう。でも花屋に行くこと自体が楽しいので、心を鬼にして花瓶を空っぽにする。

 

f:id:torot35:20180511214031j:image

 

花屋は花がたくさんあってよい(そりゃそうだ)。色とりどりの花に囲まれて、どれを飾ろうかな〜と考えてるだけでウキウキする。2週間だけとはいえ、家にいる間ずっと目にするものなので気合いを入れて選ぶ。…なんてことはなく、だいたい直感で選ぶのだけど、気づいたら2回連続で菊を選んでいたりしておもしろい。自分って菊が好きなのか…と新たな発見があるのは楽しい。「この花ってなんですか?」という素人丸出しの質問をしては名前を教えてもらうのも好きだ。「花の名前を知っている」というのは、なんだかとてもよいことに思える。そうじゃないですか?名前を知るというのは何においても大事なことで、今までほとんど花の種類も名前も知らずに生きてきたのがもったいなかったような、これから知ることができるのが嬉しいような、まぁそんな気持ちです。

 

f:id:torot35:20180511214037j:image

 

よく行く花屋の店主さんがなかなかパワフルな女性で、正直この人に会うのが楽しみでそこに行っている。会うと元気が出るような気がする。消費税を2回算入してきたり、何回か通ってても初見の客のあしらいだったりするのだけど、それはともかく喋り方に勢いがあってとてもいい。この花にしようかな…でもな…みたいに迷ってると「それがいいわよ、それにしなさい」ってなかば強引に決めてくれたりして、それが心地よい。忙しい時はこっちの話をあまり聞かずに決められるので、そういう時はあとで「止められなかった…」と肩を落としたりする。

 

f:id:torot35:20180511214143j:image

 

それにしても部屋に花があるというのはめちゃくちゃ癒される。なんなんだろう。花瓶も近所のドンキで買ったやつなのにいい感じになる。ただただ花がそこにあるというだけでやけにいい感じになるのはすごい。ぼくもそういう存在になりたい。つって。

 

それはともかく、花、オススメです。

この習慣がいつまで続くかはわかんないけど、世の中も人生もわかんないことばかりだけど、とりあえず次はヒマワリ買おうと思ってる。それだけが確か。

 

f:id:torot35:20180511214220j:image

これ今飾ってる花なんだけど、母の日前で忙しいってことで急かされて買ってしまい、花の名前を聞くのを忘れてしまった。知ってる人教えてください。知らないまま飾ってるの少し不安な気持ちになる。