トロログ

トロニーのブログ、略してトロログ。

メモ:なぜ僕のヒーローアカデミアの登場人物の名前がここまで気になるのか

 

toro-log.hateblo.jp

 

名前。

その子に望むもの、願うこと、そういうものが込められて名付けられることが多いだろう。日本は漢字そのものに意味があるから、よりそういう傾向が強いような気がする。親戚や尊敬する人の名前が由来になっていることもある。父親の名前から一文字もらったり、先祖代々同じ一文字を受け継いだり…。これらもすべて、その人たちにあやかって名付けるという、意味のあるものだと考えられる。歌舞伎や落語で「襲名」するのも同じだろうか。

 

意味ではなく、響きで名前を付けることも多々ある。日々口にするものだから、なるべく呼びやすく、口にも耳にも馴染みのよい音にする。。森鴎外の子どもたちは、世界に通用するようにと外国風の名前を付けられている。これも響き優先の例かもしれない。

 

このように名前というのは、名付けた人物の名前や想いが、少なからず含まれている。小学校の課題で、自分の名前の由来を親に聞き、作文を書くというものはおなじみだろう。また、親の愛情を示すエピソードとして名付けのエピソードが披露されることはいろんな創作物で見られる。キャラクターのバックストーリーを掘り下げるに当たって、どういう家庭環境で育ったかとか、そこからの影響はどんなものなのかということを表すのに非常に適しているのだろう。親が子に付けた名前が親からの願いなのだとしたら、その後の家庭環境や教育方針にもそれが貫かれている可能性は大きいからだ。

 

ただし、必ずしも名は体を表さない。まったく健康でない「元気」くんもいるだろう。名前に込められた願いは常に受け入れられ叶えられるわけではなく、時にすれ違ったり反発したりする。

 

 

例えば、親からの期待が込められた名前は重荷になりうるだろう。名前にするほどの期待なのだから。仮に、親がこどもに「握り飯放り投げ夫」と名付けたとしよう。立派な握り飯を放り投げパーソンとなり、世界を股にかけて握り飯を放り投げる男になってほしいと純粋に願ったのである。もし彼が自身の握り飯放り投げ精神に気づきそれを受け入れたのならこの名前は福音となる。一方で何?握り飯放り投げって何?と疑問に思ったり反発した場合は逆だ。名前は呪いとなりうる。どこに行っても握り飯放り投げ夫として扱われ、握り飯放り投げてみろよ〜とか言われるだろう。するとますます反発し、米から離れたりするかもしれない。

 

ちょっと誰にも当てはまらないような極端な例を出したので分かりづらくなってしまったが、とにかく名前というのはどんなベクトルかはわからないが、少なからずその人の生き方に影響を与える。逆に言えば影響を与えない名前はない。断言してもいい。名前というものは必ずその人物の生き方に影響を与える。

 

さて、僕のヒーローアカデミア、通称ヒロアカである。

 

彼らの名前は個性(この世界のほとんどの人間が持つ超常能力)と関連しているものが多い。例えば主人公のライバル、爆豪勝己は「爆破」の個性を持つ。雷の個性を持つクラスメイトの名は神鳴電気である。足が速いキャラクターの名前は飯田天哉(いいだてんや)、腕からセロハンテープのような帯状のものを出すキャラクターの名前は瀬呂範太(せろはんた)。主人公の名前を知っているだろうか?彼の名前は緑谷出久(みどりやいずく)。「個性」を持たない例外的な人物で、その名前から「デク」と呼ばれている。無個性だから、でくのぼうだから、デク。この名前を付けたのは親なのか、作者なのか。

 

正直、ひどすぎると思っている。

 

単純に意味がわからないのだ。これはギャグ漫画ではない。コメディシーンも多いが、物語自体はかなりシリアスな面もある少年漫画だ。それぞれのキャラクターの内面を描くことも少なくなく、なぜそのキャラクターがその行動をしたか、割と丁寧に描こうとしている印象がある。特に主人公が在籍している学校はヒーローを目指す学校、しかもそのなかでも国内随一のエリート校であり、故にクラスメイトの志は高い。なぜヒーローを目指そうと思ったかなどの描写はかなり濃密に描かれている。それはすなわち彼らの望んでいる生き方なわけで、つまり今までの人生とも地続きのものである。それを丁寧に描いているのに名前だけが浮いている。違和感を抱く。

 

他の要素と比べ、名前のリアリティラインだけが異常に低いのだ。超能力バトルものだけど、ヒーローという制度だとか、学校、死、産業、社会という概念はかなり作り込んであって、リアリティがある。能力自体も一応道理がある。超能力というわけではなく、身体的な特徴という設定なのだ。自分を危険に晒してまでヒーローを目指す子どもたちの親が出てきたことがある。これも非常にリアリティがある場面だ。クラスメイトの親が何人か出てきた。それぞれの家庭があり、人生があり、生活があり、物語があった。その中でなぜ名前だけがこんなにふざけたものになるのだろうか。足が速いからいいだてんや?言葉遊びじゃないか。

 

 

とはいえ漫画の話である。

 

でも、漫画の話であろうと、悲しい。

 

ステインというキャラクターがいた。彼はヴィラン(敵)の中でもカリスマ的な立ち位置にある人物で、血を飲むことでその人物の動きを一定時間止められるという個性を持つ。主人公らと一悶着あり、結局破れたのだけど、逮捕後に明かされた彼の名前が「赤黒血染」だった。

 

彼の出自は描かれていない。だからどういう理由でこのような名前が付けられたかは知りようがない。しかし、血染。どこの誰がこんな名前を我が子につけようか。しかし彼はヴィランなのだ。ヴィランの名前に「血染」なんて単語を使うのは、あまりにも短絡的ではないだろうか。血に関連するヴィランで血染。まるで彼が生まれた瞬間からヴィランにならざるを得ないかのような、そんな作為で満たされた可愛そうな名前だと思った。彼の人生ではない。結局、作者にとって作劇に都合がいいように生まれたキャラクターでしかない。

 

今更どうしようもない。彼らはもう存在してしまっている。名前を背負って、僕のヒーローアカデミアの世界にいる。僕のヒーローアカデミアが好きだからこそ、こんなにも雑に名前を付けられてしまった彼らが不憫でならない。