トロログ

トロニーのブログ、略してトロログ。

今月よかったもの June_2020

はい。トロニーです。

 

6月も終わりか〜。あっという間だったな。6月って苦手なんすよね。祝日がないから、他の月より長く感じがち。なんだけど、今年の6月は授業が全部オンラインだったからか、ゆったり余裕があって楽しかったです。テレワーク的な生き方、今後も選択肢のうちに入れといてほしいぜ。

 

ということで、今月もよかったものをまとめていきましょう。「映画」「音楽」「本」「その他」から3つずつ選んでいます。よろしくおねがいします。

 

 

 

映画

だんだんと映画館も復活してきました。新作映画もかかるようになってきて嬉しい。座席の間隔を開けなきゃいけないけど、むしろリラックスして見れることに繋がっていて、少し贅沢な気持ち。できるだけポップコーンやドリンクを購入して売上に貢献したいですね…。

もののけ姫

もののけ姫 [DVD]

とか言っといて、新作じゃなくてリバイバル作品なんかーい!(どっ)(爆笑)

 

はい。

 

劇場でジブリ作品見たのって、たぶんハウルとポニョしかなかったんだよな。なので、 もののけ姫自体はそれこそ金曜ロードショーで何度も見たことがあったけど、「映画館のスクリーンと音響で見てみるのもいいな〜」と、軽い気持ちでチケットを購入。最後に見たのも多分大学入る前とかだし。なんか、今見たらめちゃくちゃ衝撃受けそう、っていう邪心もある。おれはそういうところがある。

 

見終わってしみじみ思ったんだけど、もののけ姫ってこんな曖昧な映画だったんだな〜。ものすごく決定的な契機を描いてはいるんだけど、結論自体は出ていない。一から十までジレンマの物語だと思った。

音響や絵、演出面は改めてすごかったです。特に植物の描き方がよかったです。

 

新作映画が公開できない状況だったからこうやってジブリとかマーベル作品がリバイバルされたわけだけど、もっと普段から(名画座じゃなくてシネコンでも)再放送やればいいのにね。将来映画館作ろうかな…。

 

もののけ姫 [DVD]

もののけ姫 [DVD]

  • 発売日: 2014/07/16
  • メディア: DVD
 

 

 

デッド・ドント・ダイ

映画館が再開して初めてみた映画。意味わかんなかったな〜。6月に新作がこれともう一本くらいしか公開してなかったからってヒットしたのおもろい。

 

中身は本当にシュールで、起承転結もすべて取って付けたようなもの。何がやりたかったんだろう?って思っちゃった。途中、現代社会への警鐘みたいな展開になって、でもここまでの処理が雑かつ楽屋オチっぽすぎて、半笑いで見てました。

 

とはいえ、俳優はとてもよかったです。アダム・ドライバービル・マーレイも、とぼけた演技でクスクス笑っちゃう。ダイナーでの天ドンよかったね。三人の少年院の人たち、一人尼神インターの渚にそっくりな子がいてかわいかったです。

 

それはそれとして、アダム・ドライバーの役名が「ロニー」だったのでオッと思いました。ぼくの名前は「トロニー」だから…。

 

デッド・ドント・ダイ(THE DEAD DON`T DIE)

デッド・ドント・ダイ(THE DEAD DON`T DIE)

 

 

 

ストーリー・オブ・マイ・ライフ わたしの若草物語

衣装や調度品など、当時のアメリカっぽい空気がすごくよかったです。色温度の演出のおかげなのか、時系列の違いもスッと入ってきたし。四姉妹、母親、叔母、ローリー、みんな素敵だったな〜。キャラクターそれぞれの実在感があるというか…。若草物語、この期に及んで読んだことないんだよな。他の映画版も含めて気になってきた。 

 

若草物語 (福音館文庫 古典童話)

若草物語 (福音館文庫 古典童話)

 

 

音楽

 今月の写真は新潮社社屋の角っこです。どっしりと歴史を感じる構えで好きなんだよな。

6月は面接が多くて、その度に自分で作ったプレイリストを聞いてました。自分の選んだ好きなものだけが自分を支えてくれるような気がしたので。

 

国人ラップ / グローバルシャイ 


国人ラップ

 

コンセプトだけのラップじゃなくて、曲の展開や韻も考えられている良い楽曲。ステージでの振る舞いもめちゃくちゃかっこいい。

 

All I Need (Part II) / Air Credits


Apple Music — 心動かすあの音楽を、いつでも手の中に。 — Apple

 

ゆnovationさんのプレイリストに入っていて、いいな〜と思ったので窃盗。みなさんもめちゃ小粋でヒップな曲があったらすぐ知らせてくださいね。

 

youtubeで検索して初めて知ったんだけど、この曲、Apple MusicのCMに使われてたんですね…。Air Creditsって人たち、InstagramとかSoundCloudのフォロワーもそんなに多くないのに(ラジオでピックアップされてたっぽいけど)、AppleのCMに起用されてるのすごい。どうやって見つけてるんだろう。

 

爽快な出だしからずっと軽やかでいい感じ。"All I need."が中国語の"我愛你"(ウォーアイニー,I love you)に聞こえるのが微笑ましいというか、想定外の広がりを感じさせてすごく好きです。駄洒落ですが…。

 

FISHANDCHIPS / 三浦透子


三浦透子 - FISHANDCHIPS

 

三浦透子ってもともとは女優なんだ?!?!?!?!?歌うめ〜から歌手生まれ歌手育ちだと思ってましたが…。

 

めちゃくちゃ津野米咲っぽい曲じゃないですか?なんだろう…サビの前らへんからの感じが赤い公園感あって好き。琴や胡弓と鍵盤のメロディに、強めのギターとベースが沸々としてる感じが、三浦透子の二面性のある歌声のトレースっぽくていいな〜と思いました。無軌道っぽい乱反射をしてるんだけど、まっすぐ貫くものあっておもろい。

 

 

面接で「月に10冊は読むようにしています」って言ったけど、6月は結局7冊しか読んでません。嘘ついてごめんなさい。でも7でも結構読んでる方じゃない!?!!?

鬼麿斬人剣 / 隆慶一郎 
鬼麿斬人剣 (新潮文庫)

鬼麿斬人剣 (新潮文庫)

 

 痛快エンタメ時代小説。めちゃくちゃおもしろかった!!

 

鍛冶屋である鬼麿が、全国を旅しながら、亡き師匠がかつて不本意で作った駄作の刀を折って回る、っていう話。

 

おもしろポイントは本当にたくさんあって、例えば鬼麿の剣とセックスの腕が凄すぎるとか、師匠のモテっぷりとか、追手の忍者の上手く行かなさとか、読んでてどんどん鬼麿とこの作品が好きになるくらい。退屈な部分が少ない。

 

この作品の根幹にあるのは「職人、仕事人の魂」であって、それがあるからエンタメそのものみたいな作りでも読んでいて感動したんだと思う。

 

鬼麿は師匠が作った出来の悪い刀を見て心を痛めるし、一方で本気で打った刀を見て涙を流す。最後には自身も師匠の域にまで到達することを誓う。この、手掛けたものに対する矜持と、それでしかできないコミュニケーションの尊さに心が震えたっすね…。当たり前のように「自分は何を残せるのか?」と考える羽目になりました。頑張っていきましょう。

 

騎士団長殺し / 村上春樹 
騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編

騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編

  • 作者:村上 春樹
  • 発売日: 2017/02/24
  • メディア: 単行本
 

 

大丈夫、村上春樹の小説だよ。

現実感の強い「離婚」「中年の危機」という立脚点から、少しずつ怪しさと不思議に包まれていって、しゃらくせーメタファーの数々だ…と思いつつ引き込まれていきました。おもれ〜。

 

主人公の肖像画家が仕事をする描写は、規則正しい生活を軸に据える村上春樹自身を思い起こさせますね。対象の人格をキャンバスに落とし込むその手法は小説の執筆にも通ずるのだろうか。知らんが…。

 

まだ上しか読んでないので、これから下を読むのが楽しみ〜。村上春樹もう71歳か。今後の小説はどうなってくんだろ。

 

理由のない場所 / イーユン・リー
理由のない場所

理由のない場所

 

 

サバブッククラブの二冊目。京都の書店、サバブックスから月イチで海外文学の本が届くというサービスです。

 

いや〜…重…。

 

重すぎますね…これ…。

 

ざっくりいうとこの作品は、自殺した息子と文字の上で対話する、というもの。これ完全に作者自身の経験なんですよね。

 

最後まで結論はなく、何も解決はしない。自殺の理由もその描写もない。脈絡もあまりなく、堂々巡りになることも多い。それはそうで、対話の相手である息子はこの世にいないから。作者は書くことでどうにか悲しみとの付き合い方を探っているように感じる。だから結論なんて必要ないんだろうし、そんな余裕もないのかもしれない。

 

正直読みづらいんだけど、その読みづらさも含めて大事に味わうべき本だと思った。

 

表紙の写真とか、題字とか、ハードカバーの装幀とか、とても美しい本。表紙と裏表紙で写真の配置がズレてるのとか、なんとなく作品のアンバランスさ、それでもバランスを保とうとする危うさを感じてグッと来た。

 

その他

その他だ!!!

子供はわかってあげない田島列島 
子供はわかってあげない(下) (モーニング KC)

子供はわかってあげない(下) (モーニング KC)

  • 作者:田島 列島
  • 発売日: 2014/09/22
  • メディア: コミック
 

 

田島列島の今の連載作、水は海に向かって流れるはあんまり好きじゃなくて、というのもギャグがぬるっと頻繁に出てくる感じが少し寒いからなんだけど、今作はそれがむしろ好ましく思えた。登場人物の少なさと、同時に二つくらいの場所で物語が進むのが理由な気がする。(人物に慣れてギャグの唐突さがなくなってくる、場面の切り替えにギャグが有効だし、ギャグが通り過ぎていくから)

 

物語も爽やかで、かつほんの少し不穏で、不思議な心地がした。上下で読みやすいのでぜひ。実写版どうなるんだろ〜。見よ。

 

サラサクリップビンテージカラー

 

曖昧な色のボールペン。なんとなく、インクみたいなグラデーション感がある。 

普通のカラーバリエーションだと目がチカチカするとか、落ち着いた色がいいとか、そういう人におすすめです。

 

っていうか普通に万年筆欲しくなってきたな。いい感じの万年筆ご存知の方いたら教えてください!!!!

 

ラップ

こないだ就活がしんどすぎてラップをしまして、それをTwitterにアップしたんですけど、ぼく鍵アカウントだからここに貼れませんでした。完。

 

おしまい

2020年上半期終了!!!!!!!早い!!!!!!!

 

まぁ特に後悔はありません。できなかったことよりもできたことに注目しましょう。

 

と考えると、かなりいい出来の6月だったのではないでしょうか。7月も期待大ですね…。ここからは修論と単位回収をがんばります。でも健康第一。睡眠時間はしっかり確保しようね。

 

そんな感じです。おわり。