トロログ

トロニーのブログ、略してトロログ。

バックギャモンのプロの人(矢澤亜希子さん)は、中学1年生のころから「10個の新しいことに挑戦する」ことを毎年の目標にしてきたらしい。バックギャモンもたまたま旅行先のエジプトで見かけて、その時は「なんかえらい人気なんすね」止まりだったという。そしてその年末に「今年ぜんぜん10こ行かないじゃん、そういえばパソコンにバックギャモンのゲームあったし、これで手早く済ませるか…」ってやってみたのが始まりだという。そこからバックギャモンの魅力に取り憑かれ、世界大会で優勝するに至るのだから分からないものですね。

 

www.recruit.co.jp

 

それはそれとして、アリtoキリギリスの石井さんがラジオで言っていたことを思い出した。彼は自転車や写真が趣味で、趣味というかもはやプロ級の腕前、特に写真は本を出すくらいなんだけど、そこに至るまでには「とにかく手早く試してみて、ハマりそうだったら深堀りしてみる、そうでもなかったら縁がなかったと思って手放す」ことを繰り返していたらしい。カメラもいきなり高い高性能デジタルカメラを買うんじゃなくて、ボロいけど味のある安いフィルムカメラから始めるのがいい、みたいな。

 

こういう実践がぼくにも必要だな〜と思っていて、なぜなら自分を変えるいいきっかけとなるからだ。自分を変える必要があって、なぜなら変化が一番おもろいからである。変化は新しい考え方、視点を呼び込む。そして視点は多ければ多いほど世界を面白がることができるようになる。今持っているものを深めることは、それはそれで熟練という新しい視点のもととなるけど、いかんせん時間がかかる。手早く見える景色を変えるには新しいことを始めるのがよいし、気に入ったら人生を支える棒が一本増えて余裕が出る。

 

そんなわけで、もう7月も終わるが2020年の新しい挑戦を考えてみたい。10はさすがに大変なので半分の5個でどうだろう。今の自分らしからぬことを始めてみる。試しに。途中でやめてもいいし、ずっと続けてもいい。そういう気持ちで。

とりあえず適当に思いついた順。

 

・スポーツを好きになる(NBAとかVリーグとか)

・ポーカー(or麻雀or将棋or囲碁or連珠)の修行

・行きつけの店を作る

・歌舞伎を見る

 

ウーン 全然思いつかない。新しいこと=自分の中にないものだから、どうしても発想が鈍くなる。4つ出ただけすごい。あとなんだろうな〜。また考えます。フィルムカメラもいいかもしれない。なんでもやってみましょう。にしても、毎年10個って相当すごいな。