トロログ

トロニーのブログ、略してトロログ。

ツイッターとの距離感

ツイッターと距離を取りたい。

 

ツイッターを見ることそれ自体に問題はない。

 

ただ、手が空いた時間に必ず見てしまうこと、一度見始めると延々と時間を費やしてしまうことに問題がある。これはyoutubeはてなブックマークも同様である。これらが時間を奪う理由の一つとして「コンテンツが頻繁に更新され、こまめにアクセスしたいという欲求を生む」「終わりがなく、次から次へと他のコンテンツに誘導される(おすすめ動画、他人のいいね欄など)」点が挙げられる。

 

また、ツイッターはてなブックマークを見続けることは、偏った考えに身を晒し続けることでもある。自分と属性の近いアカウントから作られたタイムラインによるエコーチェンバー現象や、人のコメントを気づかぬうちに内面化してしまう現象が怖い。

 

時間の有効活用のため、また自分で物事を考える力を養うためにも、これらのツールから距離を取る必要がある。

 

一方で、得もあるため、簡単に全面撤退することは難しい。

 

自分の知らない作品を知ること、役に立つ情報を得ること、単純に笑顔になれること。これらを失うのは惜しい。また、禁煙や禁酒と同様に、それまで日常的に摂取していたもの、ましてや依存していたものを急になかったことにするのは、強いストレスを与える行為である。そのため、バランスの取れた対策が必要となる。

 

以上から、

「スキマ時間はツイッターを見ない」

ことが、すなわち「ツイッターと距離を取る」ことであるのだと仮定する。

 

これは以下のように分解することができる

「スキマ時間はツイッターを見ない」→

①スキマ時間に見る代替物を見つける

ツイッターを見るまとまった時間を設定する

 

 

 

ここで一旦、ツイッターではなく自分自身について振り返ってみる。

 

私がツイッターに齧りついてしまうのは、以下の時間帯が多い。

・休憩時間

・移動時間

・寝る前
・起きてすぐ

・食後

・風呂行く前

つまり、基本的には「タスクを始める(再開も含め)必要がある」時間である。特に起きてすぐと寝る前は延々と見てしまう。これは次の動作が億劫だからだ。また、タスクが終わって、次に何をしていいか迷っているような時間もツイッターから引き上げることができない。

 

だから、ツイッターを見ないようにするには、スキマ時間の代替物だけではなく、そもそものタスクを管理すること、そのトリガーを自分で作ること(意志ではどうにもならない)が重要だろう。

 

また、ツイッターに齧りついたあとに新しいタスクに移る時はたいてい「もうツイッターも他のサービスも見るものなくなった時」である。つまり、一区切りついたとき、自分自身にピントが合うタイミングとなる。

 

以上から、

③事前にタスクをリストアップしておく

①'スキマ時間に見る代替物として、短い時間で一区切りがつくものを用意する

ことが求められるはずだ。

 

 

みたいなことをウダウダ考えてたんですけど、結局結論としてはこうです。

ツイッターyoutubeはてなブックマークはスキマ時間ではなく、一日一度まとまった時間を作って見る。

・スキマ時間は、簡単に区切りのつく、電子機器を使わない行動に費やす。例えば、掃除、食事の用意、片付け、楽器の演奏、筋トレ、雑誌の小さなコーナーを読む、など。

SNSをよく見るのは、寂しいという感情による部分も大きい。作業中に友人と会話する、ラジオをつけっぱなしにする(集中せずにできる作業時)、勉強時間を共有できるアプリを使うなど、工夫が必要。

・手持ち無沙汰だからスマホさわっちゃう、というのもあるので、ハンドスピナーとかスクイーズとか、クルミとか、その他さわりたくなるものを用意する。

・タスクを前日夜に書き出しておく。でも正直タスクをやりたくない、という気持ちがかなりあるんだよな。これを解決するのは現代の科学では不可能です。

・これほんとうにそうで、限界まで分解して、まじでささっとやれば終わる、みたいなタスクもやる気でなくなっちゃったんだよな。

・カウンセリングとかいこうかな。

・ただの怠惰とか無能って発覚するのが怖くて行く気も萎んじゃうんだよな。

・たすけて

 

そんな感じです。頑張っていきましょう。おわり。