トロログ

トロニーのブログ、略してトロログ。

友達の結婚

友達の結婚式に参列した。よかった。

 

新郎の姉からのスピーチという、変なタイミングで泣いてしまった。スピーチは特別上手なわけでもなかった。手紙をめくりめくり読み上げている。内容はとてもよかったが、感動させようという気配はない。なのに泣いてしまった。式は始まったばかりで、会場の誰も、スピーチを聞いている新郎すら泣いていなくて、このタイミングでおれが嗚咽をあげるのはどう考えてもおかしいだろ、と思って声は我慢した。

 

名前の呼び方に、時間の経過とそれでも変わらないものが表れている気がして、急に涙が出たのだった。きっと小さな頃から呼び続けてきたであろう、名前の一部を略した呼び方。スピーチの中でそこだけは、事前に用意していたわけではない、ずっと呼び続けてきた言葉なんだと思う。そこに姉弟、家族だからこその関係性が表れていて、永遠にそこにタッチすることができない、その面を知ることもできない寂しさと、だからこその貴さに感情の堰が切れた。すごいと思った。人と人が関わりあって生きているということの当たり前でなさに今更気がついたような感覚だった。

 

(もう一箇所泣いた場面もあったがこれはあんまりよくない泣き方(目の前の結婚式自体ではなく、それを自分に引きつけて想像した上で泣くという、集中してないがゆえの泣き)だったので書かんとこ。)

 

すごかったな〜。新郎も新婦もめちゃくちゃ愛されている。両親に姉弟に友人に…。普段は意識してなかったけど、よく考えたら尊敬できるところばかりで、当然ぼくも好きなわけだ。参加の連絡をするときに一言メッセージを書く欄もあって、その時は何書いたらいいか全然思いつかなかったのだが、今だったら言いたいことがたくさんあるな。こんな風になりたいな、大切にしたいな、と思える友人ばかりだ。というのを、新郎新婦も参列者も改めて思える機会だから結婚式とか披露宴ってみんなやるんすね。大発見。ごはんも美味しかったし(めちゃくちゃ余ってたので、全部クール便で自宅送ろうかと思った。もったいね〜〜〜〜〜今月末まで全食事まかなえるぞ)。

 

自分の感情を忘れないために書いた。泣く時は自分が大切にしていることとか、逆にコンプレックスがすごく現れる。普段は無意識であることが多いので、いい機会だった。

 

結婚おめでとうございます。末永くお幸せに…。